住宅ローンを組む際に必ず通らなければならない道は「審査」です。

審査は金融機関が行うもので、各金融機関ごとに独自の審査基準が設定されていると考えることができます。お金を融資するかどうかは各金融機関が判断するため、一方の金融機関では審査に落ち、一方では審査に通る。このような状況も起こり得ます。しかし基準が異なっているといっても、審査の際に重要視する項目は共通するものがあります。ここでは住宅ローンの主な審査基準についてご説明します。

まず、以外と重要なのが「年齢」です。

住宅ローンはその他のローンに比べて返済期間が長期になります。ですから、完済する年齢が何歳なのかが重要です。金融機関によっても異なりますが、完済する年齢は80歳未満としている場合が多いようです。

逆算すると35年ローンを組もうとした場合、80-35=45歳迄にローン契約をしないといけないということになります。ただ、50歳だから30年の返済期間を利用できるかというと、定年になってから長期間返済するようになるので、短い返済期間にしないと利用することができない場合もあるため注意しましょう。

次に重要視されている項目は「年収」です。

年収は高ければ良いというものではなく、安定しているかどうかが重要です。例えば出来高の割合の多い給与体系の場合、お給料のいい月もあれば悪い月もあります。その差が大きいと安定しているとはみなされません。

また、年収に占める返済金額の割合(返済負担率)も重要です。例えば、600万円の税込みの年収で、住宅ローンの年間に返済する額が150万円の場合には、25%の返済負担率になります。銀行の場合には、年収などによってこの返済負担率を25%〜40%くらいで考えているようなので注意しましょう。前述した完済年齢と返済負担率の関係で融資できる限度額の上限も決まってきます。

続いて重要なのが、「勤務状況」です。

どのくらい長く現在の会社に勤めているか、あるいは勤務形態(正社員or非正規)が安定しているか等が考慮されます。

会社は安定した上場企業の方が有利ですが、それ以上に勤務年数の方が重要視されます。どんなに大きな会社でも転職して1〜2年では収入が安定しているとはみなされません。もし転職予定があるならその前に住宅ローンに申し込んだ方がいいでしょう。

その他に審査されるのは、他の借り入れや返済状況です。

特に、消費者金融の借り入れがあると住宅ローンの審査に落とされる可能性が高くなります。消費者金融の借金は親に借りてでも返済しましょう。また、できれば消費者金融のローンカードも解約してしまいましょう。尚、過去に何度も返済の遅延がある人も審査に落とされる可能性が高いです。過去の遅延はどうすることもできませんから、覚悟して住宅ローンを申し込むしかありません。

以上が、主な住宅ローンの審査基準です。ただし、金融機関ごとに重視しているポイントは違いますから、1つの住宅ローンの審査に落ちてしまっても、別の金融機関では通ったということも十分ありえます。落ちても気落ちせずに別の金融機関に申し込みましょう。

ここでは、おすすめの住宅ローンを紹介します。期間限定の金利の特典などありますからよく見て検討してみてください。



変動0.497% がん50%保障団信も負担0円!
  • auと三菱東京UFJ銀行が共同出資して設立した安心のネット銀行
  • 日本の銀行で初の申込から契約までネット完結!
  • 低い金利!変動0.497%、固定2年0.360%〜(※1)
  • 保証料、団信保険料、一部繰上げ返済手数料不要!
  • がんと診断されたらローン残高が1/2に!(がん50%保障団信)
  • 一般団信にがん50%保障特約が付いてもお客様負担なし!
  • 面倒な契約書の記入不要!
  • 来店不要で、スマホからも申し込み可能
  • 収入印紙代不要!
  • 借り換えの方はこちら
※1 2016年5月現在
固定金利0.360 % 〜
変動金利0.497 % 〜
保証料不要
繰上げ手数料不要
事務手数料元金×2.16%
保証会社手数料不要
返済方法元利均等返済/元金均等返済
融資金額500万円~1億円
来店不要
団信保険料不要
(2016年8月現在の情報です)



いくつもの銀行に審査に出す前に金融履歴を確認しておくこと!

住宅ローンを借り入れる際には、必ず銀行の審査を通らなければなりません。住宅ローンの審査は、予備審査と本審査の二段階になっています。まずは、銀行による予備審査を受けた後に信用保証会社等が行う本審査を受けることになるのですが、予備審査の段階ですでに落とされる方が多くなっています。

予備審査には、ローン借入申込書、本人確認書類、収入が証明できる書類、健康保険証の写し、印鑑証明書、団体信用生命保険申込書兼告知書が必要となります。ローンを継続的に返済できる経済力があるかどうかが、重要になります。

自分の金融履歴に自身のない人は、個人信用情報を取り寄せて、住宅ローン以外に借り入れはないか、税金やクレジットカードの返済を延滞したことはないか等をチェックしてみましょう。もし、過去に何か問題があった場合でも、完済をしていれば、その事故情報は5年が経過すると消去されます。

住宅ローンの審査に落ちる二大要因はこれだ!

最近では、住宅ローンの審査に落ちる方が増えているようです。正社員以外に派遣労働やフリーターといった労働形態を選択せざるをえない人が増えたこと、銀行や消費者金融で簡単にキャッシングできるようになったことが背景にあります。

住宅ローンに落ちる人の二大要因として挙げられるのが、収入の不安定さから返済能力がないとみなされること、借金があることです。

金融機関の審査基準では、年収と勤続年数が重要視されます。年収が不安定な派遣労働やフリーターの方は、長期に渡って返済をすることが不可能と判断されてしまいます。正社員として働いていても、短期間で転職を繰り返す方も同様の判断を下されます。審査を通るためには、安定した年収が見込めて、かつ銀行が定める勤続年数を満たしている必要があるのです。

借金を抱えている人も同様に返済能力がないとみなされ、審査を通ることができません。一度借金を抱えてしまうと金融機関のブラックリストに乗ってしまいます。銀行の審査の際に個人信用情報をとられてしまい、借金の経歴が発覚しますので、隠すことはできません。また、たった一度でも税金の延滞があると借り入れができない銀行もありますので、注意が必要です。


このページの先頭へ