申し込みブラックを回避するためには

申し込みブラック状態というのは、キャッシングなどの融資を申し込んでも審査に通らない、または非常に審査に通らりにくい状態にあるということです。

原因は短期間の間にキャッシングなどの融資の申し込みを複数していることにあります。融資の申し込みをすれば申し込みを受けた金融機関は融資をすることが可能かどうかの審査をしますが、その審査の際に最も重要視されるのが、信用情報機関の管理している個人信用情報です。この個人信用情報にキャッシングなどの融資の申し込み履歴が登録されており、おおむね一カ月に複数回の融資の申し込み履歴があれば審査が通らないようになってしまいます。

申し込みブラック状態にならないためには一カ月に複数回の融資の申し込みをしないようにすべきです。いくら融資を希望していても、審査に通らないと融資を受けることはできませんから、焦りは禁物です。

もし、申し込みブラック状態になっているようなら、いったん融資の申し込みをやめて半年間は何もしないでおく必要があります。個人信用情報に履歴として登録されてしまえば、その情報は半年間は削除されることがないので、半年間は審査に通ることは難しいを言わざるをえないからです。


関連記事

  • 申し込みブラックを回避するためには (← この記事)

このページの先頭へ