転職経験があっても住宅ローンの審査は通る?

金融機関では、住宅ローン審査の項目に最低勤続年数を上げていることがあります。

勤続年数が1〜3年以上ないと長期間に渡ってローンを返済することが難しいと判断されることがあるのです。

転職したばかりだけれど、住宅ローン審査に通るだろうかと思われる方もみえるでしょう。

住宅ローンの審査は、勤続年数だけではなく、完済時年齢、借入時年齢、返済負担率、年収、健康状態、担保評価などをトータルで判断します。

長期間に渡って住宅ローンを返済していく能力があるかが重視されるので、転職後間もなくても、柔軟に対応してくれるケースがあります。

キャリアアップのための転職、転職先の企業の財務状況が安定していること、同業種での転職で収入がアップしているなどの転職の場合は、返済能力に安定性があるとみなされて、融資されることが多いようです。

逆に数年の間で何回も転職を繰り返している、業種が様々でキャリアに一貫性がないなどの場合は、融資をしてもらえないのが一般的です。

ただし、最近では正社員以外に派遣労働やフリーターなど労働形態が多様化しており、転職経験も増えていることから、金融機関も柔軟に対応するようになっています。

勤続年数が、転職後3カ月でも融資してくれる銀行や最低勤続年数を設けていない銀行もありますので、探してみるとよいでしょう。

このページの先頭へ